GNR

アクセスカウンタ

zoom RSS 文字化け対応

<<   作成日時 : 2008/02/17 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Javaの文字コードマッピングの変更

Javaの起動オプションに
-Dsun.nio.cs.map=x-windows-iso2022jp/ISO-2022-JPのように設定すると「ISO-2022-JP」の文字コードを指定して、「x-windows-iso2022jp」の文字コードが扱えるようになる。
Javaメールなどで文字化けが発生した場合に有効かな。
「ISO-2022-JP」から変更可能なのは、「x-windows-50220」、「x-windows-50221」、「x-windows-iso2022jp」に限定されるようです。

また、「Shift_JIS」のマッピングを「Windows-31J」に変更することも可能です。
設定方法は、同様に「Windows-31J/Shift_JIS」のように設定します。
これは、XMLでencodingにShift_JISが定義されていた場合に、文字化けを防ぐのに有効かな。

二つのマッピング変更を同時に定義する場合はカンマで区切って、
-Dsun.nio.cs.map=Windows-31J/Shift_JIS,x-windows-iso2022jp/ISO-2022-JP
のように定義すれば可能になるそうです。

あぁ、いつか文字化けから解放されるようになるのだろうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
文字化け対応 GNR/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる